ヤーズー世界で有名な超低用量ピル

ヤーズは超低用量ピルとして月経困難症の治療にいい効果があります。

ヤーズの基本情報について

ヤーズとは图1
ヤーズとは、主に生理痛の緩和や月経困難症の改善に使われている薬です。ヤーズは少量の女性ホルモンを含んでいます。今の0.03~0.04mgのエストロゲンを配合している低用量ピルと比べて、ヤーズに含まれているエストロゲン量は0.02mgで超低用量ピルに属します。

ヤーズの効果
ヤーズの効果について、超低用量ピルと聞くと、低用量ピルとほとんど同じ、避妊効果があるというイメージが強いですが、実はヤーズは避妊薬として用いられている場合、避妊効果は期待できないと報告されています。ヤーズは超低用量ピルとして月経困難症の治療にいい効果があります。

ヤーズは非常に少ない卵胞ホルモン、またドロスピレノンという第4世代の黄体ホルモン成分を含んでいます。月経困難症によって起こる腹痛、頭痛、生理痛、乳房の張りや痛みの緩和、また生理前の憂鬱、イライラ、落ち込むなどの精神的な症状の改善に優れた効果があります。

他には、ヤーズはホルモンのバランスを整えることができ、生理前と生理中に出てくるニキビを改善する効果があります。ドロスピレノンが利尿ホルモン由来であるため、体内に溜まっている塩分や水分が排出される働きがありますから、むくみを取ったり、便通をスムーズにさせたりすることにも有効です。

ヤーズの服用方法
ヤーズの服用方法というと、1シート28錠入っています。その28錠のヤーズの中にホルモン剤を含んでいるヤーズは24錠があり、ほかの4錠は休薬期間として服用します。ヤーズの服用時間なら、生理が始まった日から、1日1錠、毎日同一時間にヤーズを服用します。ピンク色の錠剤を24日間飲み続けた後、4錠の白色の錠剤を4日間服用します。

また、翌日に前日の飲み忘れに気づいた場合、前日の分を飲み、当日の分も予定どおりの時間に飲みます。

ヤーズの副作用
ヤーズの主な副作用は乳房痛、乳房障害、頭痛、悪心、吐き気、嘔吐、めまい、動機、下腹部の張り、不正出血などの症状があります。他のピルと比べて、ヤーズは超低用量ピルとしてそれらの副作用はもっと軽いと言われています。

更に、ヤーズを飲み始めて最初の1〜2か月で以上の副作用が現れてくることがありますが、体が薬に慣れてくるに従って、通常は3か月以内にそれらの副作用がだんだんなくなっていきます。注意すべきなのは血栓症はヤーズの重篤な副作用として報告されていますから、使用中、ぜひ注意してください。もし、ひどい副作用が起こる場合、早めに医療機関へ行き、医師に相談してください。

おすすめ情報サイト

女性発情媚薬はセックスの感度アップさせ、膣乾燥、性交痛などを改善する事ができ、惚れ薬とも言います。

ED勃起不全というのは英語の「ErectileDysfunction」の略で、「勃起機能の低下」を意味します。日本では「勃起障害」と「勃起不全」と訳されます。勃起が起こらない状況に限らず、勃起している陰茎の硬さと維持が不十分であることも含めます。つまり、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。

バルシビルとは製薬大手のシプラが製造販売したバルトレックスのジェネリック医療品です。主成分であるバラシクロビル塩酸塩はヘルペスの増殖を抑え単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘(水ぼうそう)の治療に効果が期待されています。

シアリスは2003年にイーライリリー?アンド?カンパニーから発売され、2007年には日本でも認可がされた勃起不全のED治療薬としては一番新しいタイプの物になります。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年に初めて正式に日本での認可された最も歴史があるのED治療薬です