ヤーズー世界で有名な超低用量ピル

ヤーズは超低用量ピルとして月経困難症の治療にいい効果があります。

女性生理痛が厳しい原因は?

女性生理痛が厳しい原因は?
生理痛が厳しい場合は、どんな原因があるのでしょうか。女性を苦悩している生理痛の原因には以下のようなものがあります。本文はプロスタグランジンの分泌、子宮の未成熟、冷えとストレスこの3点から生理痛について紹介します。

プロスタグランジンの分泌過多

生理期間、女性子宮内膜が流れ出るとともに、プロスタグランジンという成分が生産されて子宮内部を引き締めます。このプロスタグランジンが痛みのもとです。

プロスタグランジンの分泌量が多いと子宮の収縮が強くなり、子宮のまわりで充血やうっ血を伴って痛みを感じます。さらにプロスタグランジンには痛みを強める作用もあるので、子宮収縮による腹痛だけでなく、頭痛や肩こり、腰痛、吐き気といった症状も引き起こします。

子宮の未成熟

初潮から数年間は、子宮の出口がまだ固く狭い状態なので血液を子宮の外にうまく排出することができません。そのため、より強い力で子宮を収縮させることにつながり、痛みがおきてしまうのです。この場合は、年を重ねて子宮が成熟すれば自然と痛みもおさまります。

冷えとストレス

生理中、エアコンや薄着によって体が冷えてしまい、血流が悪くなると痛みを強く感じることがあります。また、精神的なストレスからホルモンバランスを崩し、体の機能が低下することも、生理痛がひどくなる原因として挙げられます。